So-net無料ブログ作成
検索選択

ストレス負荷栽培でピニトールは増殖6倍?特許の最新技術 [商品について]

植物工場と言われると、無農薬栽培で安心安全な野菜が食べられる。そんなイメージが強いのですが、ストレス負荷栽培システムにより、グラシトールの成分となるピニトールは通常の6倍程度に増殖させる、最新特許技術で生産されているそうです。その工場に潜入してみましょう。

ピニトールを増殖させるストレス負荷栽培システム。

190526-ストレス負荷栽培.jpg

そんなことを言われると、まるで魔法のような植物工場をイメージしてしまいます。一昔前は、照射する電球をLED化にする手法の検討が、メインテーマになっていましたよね。
LED化によって、電気代というより発熱を抑えることができるので、エアコンに掛かる負担が減るという大きなメリットがあった。

ところが、LED化することで、植物の育ち方が悪くなる。そんなニュースが多くあり、大きな課題になっていたものです。青色がよいとか、赤色の育ちが良いとか、一時は大きな話題にもなっていました。

その課題をクリアするだけでなく、逆に照射を工夫することで、植物のアイスプラントにストレスを与え、その影響でピニトールが6倍もに増殖してしまう。当然、アイスプラントに与える成分も完全管理されているので、ほとんど同じアイスプラントが出来上がってくるだけでなく、外部環境との接触が無いため、害が入り込んでくる余地もない。

そんな理想となる植物工場が、グラシトールを作り出すことに成功したのですから、これからどんな機能性野菜のサプリメントが登場してくるのか、ワクワクしてしまいます。

名前として、ストレス負荷栽培という言葉が良いのか、少し考えてしまう時もあるのですが、名前その通りで、外観の葉緑素に大きな変化が表れるのですから、ストレスというより、健康になるという感じの名前にして欲しかったかも。

安心安全は、ストレス負荷栽培による植物工場から。グラシトールが真心を込めて作られていることがよくわかります。しっかりと利用して、毎日の健康に役立てたい。


>購入はこちらから!<



共通テーマ:健康
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。