So-net無料ブログ作成
検索選択
商品について ブログトップ

モンドセレクション2015インターナショナル・ハイクオリティー・トロフィーに? [商品について]

最近は日本の製品が、モンドセレクションへの応募が激増してきているのですが、グラシトールもその一つ。3年連続で金賞を受賞している関係から、2015インターナショナル・ハイクオリティー・トロフィーをダイエット、健康部門で授与されました。

2015インターナショナル・ハイクオリティー・トロフィーとは?

モンドセレクションの金賞は、数多くありますが、なかなか3年連続で受賞するのは難しいことです。その栄誉をたたえて授与されるのが、インターナショナルハイクオリティートロフィー。
しかも、最高金賞または金賞であることが必要です。銀賞とか銅賞ではダメなので、かなりの品質を評価されていると考えられそうです。

このトロフィーの授与は、2015年度において、モンドセレクションに参加された約世界80ヶ国、3000にも及ぶ商品の中から、26ヶ国、337強の商品が、インターナショナルハイクオリティートロフィーとして表彰されたそうです。

部門としては、6つに分かれているようで、グラシトールは(4)に該当していました。
(1)スピリッツならびリキュール
(2)ビール、水ならびソフトドリンク
(3)食品部門
(4)ダイエットならび健康製品
(5)化粧品ならびトイレタリー製品
(6)タバコ

(4)ダイエットならび健康製品で授与されているのは、日本の商品だけです。それだけ品質が高いということもあるのだと思うのですが、この部門に置いて日本が他の国よりも力を入れている商品が多いということなのかもしれません。

2015インターナショナル・ハイクオリティー・トロフィーを授与したグラシトール。次のターゲットは、10年連続となるクリスタルプレステージ記念トロフィー。これは金賞だけでなく、銅賞でも銀賞でも良いのですが、そのまま金賞で授与して欲しいですね。その時には、グラシトールが日本の血糖値を大きく下げているのかもしれません。



共通テーマ:健康

グラシトールは妊婦に効果は?葉酸不足を補う必要性とは [商品について]

妊婦の方は、一般の方に対して、約倍の葉酸摂取量が望ましいとも言われています。それだけの量を普通の生活で摂取するのは無理なので、サプリメントに頼ることに。その一つとしてグラシトールも話題の一つになっています。妊娠しても利用できますから、ご紹介しておきます。


不思議な事に、グラシトールの宣伝には、葉酸のことは記載されていません。

151006-グラシトール妊婦.jpg

この葉酸ってなんなの?

聞いたことがあると思うのですが、水溶性ビタミンB群の一種に入っていて、体の中の車のエンジンで例えると、潤滑油に相当する働きをすると言われています。

では、ビタミンB群ってなに?

ビタミンB群は、ビタミンB1、B2、B6、B12、そして葉酸など、聞いたことのある言葉が並びます。関節痛の薬やサプリメントなどに入っている、、ナイアシンやパントテン酸も同じです。
そうなのです、ビタミンB群には、関節痛に効果的な栄養素と言われており、わたしも関節が痛い時に、医者から処方されたことがあります。

そして重要なのは、妊娠した妊婦が必要な葉酸の量とは?

成人の約2倍の量が必要と言われていて、一日に、約0.4mgと言われています。母子手帳にも記載されていたりしますよね。その葉酸がグラシトールに入っているのですから、特に妊婦さんにとっては重要。

ちなみに、子供を産んだ後の授乳期では、約0.28mgが必要とも言われているので、妊婦さんでも、お子さんを産んだ後でも、葉酸は重要な働きをしてくれるようです。
ですから、妊婦になると、サプリメントとして葉酸を与えられている方もいらっしゃると思います。その時は、グラシトールの摂取は、お医者さんと相談する必要があります。でないと、摂り過ぎということもあり得ます。

ただ、過剰摂取で問題が発生したというリリースはまだ見当たらないので、深刻な問題にはならないと思うのですが、重要な時期ですから、お医者さんに相談してみてくださいね。もし、サプリメントで葉酸を摂取していないならご検討を。

ちなみに、グラシトールには、約0.2mgの葉酸が含まれていますから、ご紹介まで。

>グラシトールで葉酸を!<


共通テーマ:健康

ストレス負荷栽培でピニトールは増殖6倍?特許の最新技術 [商品について]

植物工場と言われると、無農薬栽培で安心安全な野菜が食べられる。そんなイメージが強いのですが、ストレス負荷栽培システムにより、グラシトールの成分となるピニトールは通常の6倍程度に増殖させる、最新特許技術で生産されているそうです。その工場に潜入してみましょう。

ピニトールを増殖させるストレス負荷栽培システム。

190526-ストレス負荷栽培.jpg

そんなことを言われると、まるで魔法のような植物工場をイメージしてしまいます。一昔前は、照射する電球をLED化にする手法の検討が、メインテーマになっていましたよね。
LED化によって、電気代というより発熱を抑えることができるので、エアコンに掛かる負担が減るという大きなメリットがあった。

ところが、LED化することで、植物の育ち方が悪くなる。そんなニュースが多くあり、大きな課題になっていたものです。青色がよいとか、赤色の育ちが良いとか、一時は大きな話題にもなっていました。

その課題をクリアするだけでなく、逆に照射を工夫することで、植物のアイスプラントにストレスを与え、その影響でピニトールが6倍もに増殖してしまう。当然、アイスプラントに与える成分も完全管理されているので、ほとんど同じアイスプラントが出来上がってくるだけでなく、外部環境との接触が無いため、害が入り込んでくる余地もない。

そんな理想となる植物工場が、グラシトールを作り出すことに成功したのですから、これからどんな機能性野菜のサプリメントが登場してくるのか、ワクワクしてしまいます。

名前として、ストレス負荷栽培という言葉が良いのか、少し考えてしまう時もあるのですが、名前その通りで、外観の葉緑素に大きな変化が表れるのですから、ストレスというより、健康になるという感じの名前にして欲しかったかも。

安心安全は、ストレス負荷栽培による植物工場から。グラシトールが真心を込めて作られていることがよくわかります。しっかりと利用して、毎日の健康に役立てたい。


>購入はこちらから!<



共通テーマ:健康

塩味がする?アイスプラントのピニトールの不思議 [商品について]

機能性野菜と言われアイスプラント。インスリンと同じ効能が期待できるピニトールだけでなく、ポリフェノールやファイトケミカルがたっぷり入っているそうなのですが、グラシトールに含まれるアイスプラントは、普通のアイスプラントとはちょっと異なります。では、一体なにが違うのでしょうか?

もともと、アイスプラントの原産地は、南アフリカのナミブ砂漠なんだそうです。土壌に存在する塩化ナトリウムをしっかりと吸収してくれるので、塩害対策として日本では利用され始めていたとのこと。

最大の特徴は塩味がする。



塩分の摂り過ぎは、世界死因のトップ5に入ってくる項目であるだけに、日本の塩分過多は問題視されていますよね。そんな機能性野菜のアイスプラントを摂取したら、逆に高血圧症などを引き起こしてしまうのではないか?

と疑問が湧いてきそうなのですが、グラシトールに利用されているアイスプラントは、塩分をできるだけ摂取しない方法で生産されています。その方法はナトリウムでもビタミンCをベースにするアスコルビン酸ナトリウムが原料だそうです。

その結果、一日の摂取量として推奨されている、6粒中に含まれるナトリウムは、わずか0.34mg程度とのこと。一般に言われている、1日に摂取しても良いと言われる塩分摂取量の上限は、6g(6,000mg)ですから、0.1%にも満たないので、気にする量ではありません。

アイスプラントの食べ方としては、そのままサラダとして食されている場合が多いと思います。その他には、スムージーにしたり、中にはフローズンにされる方も。フローズンにすると、食感がカリカリっと出てきて、お菓子感覚で利用できる点もメリットです。

ヨーロッパでは、はるか昔から利用されているそうなのですが、今でもフランス料理の食材として登場してくるのは、インスリンとしての効能を利用するためかもしれませんね。


>塩味がしないアイスプラントはこちら<




共通テーマ:健康

副作用が心配?グラシトールの意外な本音 [商品について]

グラシトールは糖尿病予防や改善、血糖値改善などを目指す方に
強力なサポートをしてくれるサプリメントとして人気ですが、
副作用が心配な方もおられるかと思います。

効果が実感出来るという事は、ある種劇薬なのではと
考えてしまうのも、無理がないかもしれません。

しかし、実際にはグラシトールには副作用の心配は
ないといって問題がないようです。

>詳細な根拠はこちら!>


まずその根拠としては、アイスプラントと言う野菜から作られた、
健康補助の為の食品になるからと言えます。効果はありますが、
食品になるため劇的な副作用というものはありません。

さらにアイスプラントが栽培されている環境も、安全で清潔な
自社工場で無農薬栽培が行われています。
そして、毎日50項目以上に渡って品質をチェックしています。

当然、細菌検査や重金属検査なども徹底して行われていますので、
なんらかのトラブルに繋がる原因は、排除されていると考える事が
出来るでしょう。

ただ、グラシトールでトラブルが起こる可能性があるとすれば、
それは副作用と言うよりもアレルギーの問題になります。

アイスプラントはハマミズナ科の植物と言う事になるようなので、
こういった植物にアレルギーがある方は注意が必要です。





共通テーマ:健康

糖対策にグラシトールのなぜ?GLUT4とは [商品について]

最近、糖対策に人気があるサプリメントがグラシトールになります。
ではこのグラシトールは何故糖対策に人気があるのでしょうか?

それはこのサプリメントに含まれているある成分が理由となります。
その成分とはピニトールというものです。

ピニトールというのは、主にマメ科の植物に存在をしている成分と
なりますが、血糖値を改善してくれる作用があります。

その働きとして、GLUT4を活性化させるというものがあります。
これが運動をしたのと同じような作用が期待できると言えるのです。

GLUT4というのは、血液中の糖分を筋肉組織に取り込む働きを
してくれます。その為、運動をしたのと同じ結果を得やすくなると
言う事になります。

そういった作用を持つピニトールですが、通常の食事で
摂取をしようとすると大豆や豆乳、ルイボスティから
摂取をしなければいけません。

ですが、300mgという推奨されている量を摂取するには
豆乳の場合800mlという量を飲まなければならず、これは
一般的に考えて無理があると言える事が分かるかとおもいます。

そこでグラシトールのようなサプリメントで無理なく
摂取をしていく事で、自然に、そして苦労をする事なく
糖対策を行っていく事が出来るようになります。
タグ: GLUT4

共通テーマ:健康
商品について ブログトップ
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。